不動産投資の種類について<構造で選ぶ>

 

収益不動産の種類について<構造で選ぶ>

 

賃貸物件の構造としては、

土台や柱など主な構造部材が木材でできている木造、

鉄筋とコンクリートで構成されるRC(鉄筋コンクリート)、

鉄筋とコンクリートに加え鉄骨で構成されるSRC(鉄筋鉄骨コンクリート)があります。

 

RCとSRCの間でも微妙な違いはあるのですが、ほぼ似た特徴を持つと考えてよいでしょう。

木造は一般住宅や賃貸マンション・アパートに多い構造で、なんといってもコストが安いというメリットがあります。

建築コストが安ければ物件価格も安くなるので、高利回りに直結します。

しかも、評価額も安くなるので、固定資産税も安くなります。

更に、リフォームや間取り変更の自由度も高く、チョットした修繕も安いコストで済みます。

また一般的に木造マンション・アパートは規模も小さく、設備も簡素なので、その分管理や修繕にかかる費用も安く済みます。

ただし、RCやSRCに比べると耐久性や耐震性、防音性や気密性で劣ります。

入居者からはやはりRC・SRCの方が人気があるため、競争力という面でも不利になりがちです。

家賃はこれらの物件よりも安くせざるを得なくなります。

また、マンション・アパートには軽量鉄骨で作られた建物もあります。

工期が短く建築コストは安いですが、法定耐用年数は19~27年になり、RCやSRCに比べると全体的な耐久度も劣ります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあります。投資方法に合わせて選びましょう。

 

① 木造

<メリット>

・コストが安い
・固定資産税が安い
・修繕にかかる費用が安い

<デメリット>

・耐久性や耐震性、防音性や気密性でRC・SRCに劣る
・RC・SRCより家賃が安くなる

 

② RC・SRC

<メリット>

・耐用年数が47年と長期間
・規模が大きく、資産形成が早い
・資産性が高く、融資を受けやすい

<デメリット>

・建築費が高い
・固定資産税が高い
・解体費用が高い

 

——————————————————————–

センチュリー21 スミカ・クリエイトでは、不動産投資セミナーを随時開催しております。
不動産投資をこれから始める方も大歓迎です!
不動産のプロが初めから丁寧に解説いたします。

↓ 最新不動産投資セミナー情報はこちらから ↓


↓ 非公開物件情報や最新情報が手に入る無料メルマガはコチラから ↓

実際の物件や、あなたに合わせた投資プランをご案内します。”まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお問い合わせください!

  • 「投資の教科書」無料プレゼント:「無料」お申し込みはこちら
  • 個別相談会:「無料」お申し込みはこちら
0120-21-9621