不動産投資の種類について<種別で選ぶ>

 

収益不動産の種類について<種別で選ぶ>

実際に他の投資と比較して不動産投資は何が違うのでしょうか。

株やFXの方が気軽に始められそうですが、景気が悪くなると大幅に値下がりすることもあります。

しかし、不動産の賃料や資産価値は急に半減するようなことは殆どありません。

つまり株や為替のような値動きの急激な変動リスクが少ないことが特徴として挙げられます。

よっていったん物件を購入し、入居者が決まれば基本的に毎月決まった額の副収入を得ることができます。

また、土地の価格が下がったとしても全くのゼロになることは考えにくく、これもメリットの一つです。

 

主な収益不動産の種類は3つあります。

 

不動産投資とは物件を購入して人に貸して家賃収入を得る投資のことです。

どういったものが購入できるのでしょうか。代表的なのがマンション、マンション・アパート、戸建物件です。

① 区分分譲マンション

利便性が良く賃貸需要が見込める

室外メンテナンスの手間がなく賃料や売却価格の相場も読み易いです。

また、立地が良いところに建っている物件が多いので賃貸需要も長期的に見込めます。

しかし、管理費修繕積立金を毎月管理組合にお支払する必要があり、賃料収入のない状態でも支払う義務があるため、空室時に出費がかさむのが難点です。

<メリット>

・室外メンテナンスの手間がない
・売却価格の相場が読み易い
・賃貸需要が長期的に見込める

<デメリット>

・管理費修繕積立金を毎月支払わなければならない
・空室時に出費がかさむ

 

② 1棟マンション・アパート

価格が安くて売却時も有利

一部屋が空室になっても他の部屋の家賃収入で補えるので空室リスクに対応しやすい。

ただし空室が増えると利益率が悪化し悪循環が始まるので注意が必要。

<メリット>

・空室リスクに対応しやすい
・融資がつきやすい
・事業として税控除が受けやすい

<デメリット>

・空室が増えると利益率が悪化し悪循環に陥ってしまう

 

③ 戸建賃貸

質の高い入居者が見込めます

ファミリー層に人気の戸建で一度入居したら比較的長期にわたって入居が見込める。

清掃等のメンテナンスも不要ですが、入居者がいなくなると修理費などの支出がかさむ。

<メリット>

・一度入居したら比較的長期にわたって入居が見込める
・清掃等のメンテナンス不要

<デメリット>

・1棟で複数の部屋がないため空室リスクが高い

 

——————————————————————–

センチュリー21 スミカ・クリエイトでは、不動産投資セミナーを随時開催しております。
不動産投資をこれから始める方も大歓迎です!
不動産のプロが初めから丁寧に解説いたします。

↓ 最新不動産投資セミナー情報はこちらから ↓


↓ 非公開物件情報や最新情報が手に入る無料メルマガはコチラから ↓

実際の物件や、あなたに合わせた投資プランをご案内します。”まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお問い合わせください!

  • 「投資の教科書」無料プレゼント:「無料」お申し込みはこちら
  • 個別相談会:「無料」お申し込みはこちら
0120-21-9621